fogの冬休み

fogのshopも明日より1月4日まで冬休みをいただきます。
1月5日から通常営業いたします。

今年も「fogのおすすめ」にお付き合いいただき
ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。

baker´s notes

fogのshopには時々こんな洋書もおいてあります。
このbaker´s notesはざっくりとしたベーグルやピザ
ブラウニーの作り方や
そのまわりの魅力的な人々の写真が載っているもの。
おいしそうーとため息をつきながら眺めるだけで
作ったことはないのだけど、見ているだけで
楽しい気分になることをお約束します!

武市 三千代さん

CHECK&STRIPEの武市 三千代さん。
2階でCHECK&STRIPEのソーイング教室があって
そのランチを担当されています。
今日のメニューはカリフラワーの豆乳スープと
大豆や野菜などで作ったパテをはさんだバンバーガー。
このパテ、胡桃やひまわりの種も入っているのですって。
体に優しくて、安心して食べられるものばかり。
お昼時、fog中においしい匂いがただよって
しあわせな気持。

baileys candle

クリスマスにはなんといってもキャンドルです。
こんな風にちょっと飾るだけでクリスマスらしくなります。
baileysのキャンドルはfig、orange blossom
jasmineと3つの香りがあってどれも良い感じ。
そして後ろの本は横山 美恵子さんの「森のリース、森の恵み」。
自然そのままの素材をいかした本当に美しいリースがたくさん
載っているお勧めの1冊。
キャンドルとリースの相性はとても良いのです。

ルーシースカーフ

このねこのように丸まったものはスカーフです。
ルーシースカーフ」というかわいい名前がついていて、
ウールとリネンが入った素材でできています。
小さくて軽いから
くるくると巻いたり、はずしたり自由自在。
お出かけのときはいつも一緒。
冬の限定商品です。

sale!

16日金曜日10時から12時、fogの2階でsaleです。
ほんの少ーしキズのある洋服やエプロン、バックにテーブルクロス。
それから今回は来年の春夏の新商品のサンプルがあったりして
とっても魅力的な感じなのです。
いつも1階のshopは商品が整然と並んでいるのですが
このsaleの時の無造作に置いてある感じも美しい。

石坂 しづかさん

イラストレーターの石坂 しづかさん。
あたたかいもの展に来てくださいました。
彼女の素敵な絵は 映画「食堂かたつむり」の
本の表紙でつとに有名。
ご本人はとってもかわいらしい方です。
リトアニアの手袋がお似合い。

RARI YOSHIOさんの花

JARDIN BLANCを主宰するRARI YOSHIOさんから
贈られたお花です。なんと紙でできた器に入っていて
ナチュラルな紐で結んであります。
淡いグリーンと白でまとまった花は
生き生きとしていまにも動き出しそう。
1月からは恵比寿のkusakanmuriでお花のレッスンがある予定。
ぜひ自然にお花と向き合える方法、教えてください!

リネンコーティングトレイ

リネンの生地をコーティングして作ったトレイ
fogの定番商品です。
トレイとしても大活躍なのだけど、
大きいサイズを何枚か揃えてランチョンマットがわりに。
食べ終わったらそのままキッチンにさげます。
お手伝いにもなってママにも嬉しい。

フィードサックバスケット

冬でも人気のフィードサックバスケット
お財布や携帯をポンと入れて出かけます。
このバスケット、ケニアで作られていて
サイザル麻を手編みしているのですが
時々びっくりするくらい大きいものや、縦長のものが
入ってきたりしておもしろいのです。
ケニアの人々の、細かい事は気にしない、
というおおらかさがなんとも好き。

fogに妖精がやってきた!

shopに小さな妖精みたいな女の子がやってきました。
名前はののこちゃん。2歳と3ヶ月です。
コートと帽子がつながっている素敵なものを着ていて
それがまるで妖精みたいなのです。
本物の妖精にはあったことがないけど、
きっとこんな感じに違いありません!
くるくると動き回る彼女をおいかけて
写真を撮ったのだけどうまく撮れず
この可愛さをちゃんとお届けできないのが少し心残り。

あたたかいもの展

今日から2階であたたかいもの展です。
これはリトアニア製の靴下。
おばさんたちが(もしかしておじさんが)
ひとつひとつ手で編んでいるもの。
たくさんの柄があってまたまた迷ってしまいそう。
これを家の中で靴下の上から
ルームシューズがわりに履くのです。
一度履いたら・・・
これなしではいられませんよ、きっと!

カタログ撮影

fogのカタログ#13の撮影がはじまりました。
毎回こんな風に撮影しているんです。
フォトグラファーの嶋本 麻利沙さんとスタイリストの
大橋 利枝子さんがたくさんある新商品のカットを
てきぱきと仕上げていきます。
お二人とも何だか職人さんみたいでかっこいいのです。
またまた素敵なカタログになりそう。
みなさませひご期待くださいね。

カッティングボード

アメリカ映画の料理のシーンをみていると、
たいていこんな細いカッティングボードの上で
肉や野菜をバンバンと大胆に切っているという
イメージがあります。
バーモント州で作られているこのカッティングボードはメイプルの木で作ったもの。
とっても丈夫なので、バンバンやっても大丈夫。
ぜひ試してみてください!

ガーゼキッチンクロス

まるでガーゼのような肌触り。
これはfogのlinenのなかでも
特に柔らかいもの。
洗うたびにだんだんといい感じにクタっとなってきます。
どちらかというとlinenの肌触りはパリっと、が好み
なんだけど、このクタっと、も捨てられません。
あなたの好みはパリっと?それともクタっと?

ラべンダーサシェ

fogのキッチンクロスやテーブルクロスの
ハギレで作られたサシェ
生地の組み合わせはいろいろです。
うちではシーツやピロケースの入っている
引き出しにいくつもいれています。
ラベンダーの香りに誘われて
あっという間に眠りにおちます。

ソイくん

ヨークシャテリアのソイくん。
fogのお客さま 米川 清美さんと
遊びにきてくれました。
このバスケットに入って吉祥寺から来たのですって!
写真撮るから入ってください!とお願いしたら
あっという間にこんな風に。
決まってます。

mattaのsilkのdress

N.Yのmattaから
silkのdressが届きました。
ウエストに細いリボンがついていて
すごくチャーミング。
mattaも少しずつshopに入るブランドなのです。
クリスマスのパーティにぜひ。

ミニウッドスコップとミニウッドボウル

メイプルの木で出来た小さなスコップとボウル。
お店の中ではどちらかというと地味な存在だけど、
よく見るとすごくかわいいのです。
キッチンにかさねて置いておくだけでも良い眺め。

小澤 典代さん

スタイリストの小澤 典代さん。
久しぶりにお会いしたのだけど、やっぱりとっても素敵な人。
小澤さんと話しているとたくさん笑うのです。
そしてすごく元気になれる。
温かい人柄に癒されて、さあ、明日もがんばろうと思えるのです。
きっとすごいパワーを持っているのだな。
ぜひ、また遊びに来てくださいね!

ちいさなモールグラス

料理家の渡辺有子さんが企画したモールグラス。
右のLサイズに加えてSとMサイズが登場しました。
とってもチャーミングな形でどれもほしくなってしまいます。
うちでは人が来てお酒を飲む時、デザートの時まで飲んでいる事が
ほとんど。つまり、グラスを洗うときはかなり酔っぱらっていて
いままでたくさんの足付きグラスとさよならしてきました。
でもこの形ならちょっと安心。シンクの中でたおさないように
して丁寧に洗います。
もちろん、飲み過ぎにも気をつけなくてはいけないんですけど。

chain accessoris

こちらもインド製のアクセサリー。
ひとつひとつ丁寧にハンマーで加工されていて
手作りならではの味わいがあります。
シルバーの方は3連のブレスレット、
ゴールドの方は1連のロングネックレス。
シンプルなワンピースやセーターに合わせたら
きっとステキです。
クリスマスにもぴったりですね。

wood birds

インドからやって来た鳥たち。
遠い国で作られて、はるばる日本の、東京の
私たちの店にやってくるなんて
とっても縁があるのだな。
そう思うとよけいに愛おしくなります。
ところで、この鳥たちはマンゴーの木で作られているのです。
おいしい果物を実らせて、さらにはこんなにかわいい置物の
材料になるなんて、マンゴーの木ってすごい。

みちのくあかね会

手紡ぎした毛糸でていねいに手編みされた
帽子と手織りのマフラー。
そっと触れると柔らかさと温かさが指につたわって
しあわせな気持になります。
みちのくあかね会のあたたかいものは、
どんな色や柄が入ってくるのか
毎年楽しみにしているもの。
今年の色もどれもきれいです。
数がすくないので、ぜひお早めにお越しください。

sherryさんのアートワーク

今回の展覧会の為の作品にはお皿だけでなく
素敵な絵もたくさん。
彼女の絵のモチーフと色はどれも柔らかく女性的なのに
強く印象に残る何かがあるような気がします。
描く素材は紙だったり木だったり。
似ている絵でも全く違った印象になって
見ていて楽しい気持になるのです。

sherry olsenさん

今日からsherry olsen展がはじまりました。
sherryさんはご覧のとおり
とってもチャーミングで気さくな人。
彼女の描く絵やお皿の模様にその人柄が表れているようです。
明日からも時間によっては会うことが出来るかも。
チャンスがあったらぜひ、話しかけてみてくださいね。
sherry olson展は11日金曜日まで。

ストライプコットンテープ

fogのshopにも少しずつ冬の足音が近づいてきました。
みちのくあかね会のマフラーや帽子、
リトアニアからの模様の入った手袋などなど温かいものがたくさん。
ギフトも増えてきています。そろそろクリスマスプレゼントや
お世話になった方への贈り物の時期でしょうか。
私も贈りものを自分でラッピングをするときはこんなさっぱりとした
コットンテープで。
豪華なリボンよりほんの気持ち、のさりげなさが伝わる気がして。

ストライプバドベース

こんなことを言ったらお花の教室をやっている友人に
怒られそうだけど、花はアレンジメントより
同じ種類のものをどさっと活けるのが好きです。
もちろん水を替えるのが楽だからではなく
(それもちょっとあるけど)同じ花にも
いくつもの表情があってそれを眺めるのが好きだからです。
その中の1番きれいな1本を抜いて
ワイヤーのフラワーベースに挿します。
色のない部屋に花が1輪あると
部屋中の空気がやわらかくなるのです。

erica tanov のブラウス

先週erica tanovの服がshopに入ってきました。
いままで毎シーズン、少しずつ入荷していたのですが
残念ながら今回でおしまいなのですって。
そのなかの1枚、この美しいブラウスの柄は「fog」といいます。
まるで霧のような模様だからでしょうか。
大人の女性に。

happy birthday music box

こちらは小さなオルゴール。レバーをくるくる回すと
ハッピーバースデーの音楽がポロポロと流れてきます。
歌うかわりに耳元でこのオルゴールを鳴らす
なんていうのも良いかもしれません。
以前これを買ってくださったのはイタリアン
レストランのシェフ。お客さまのお誕生日に
このオルゴールをテーブルの上で鳴らすのですって。
なんだかとってもステキです。
レストランの場所を訊き忘れたこと、いまでも
後悔しています。

happy birthday card

誕生日はいくつになっても喜ばしい日であってほしい
と思うから、あのひとへ、このひとにも
あれこれ考えて贈りものをします。
贈りものにつけるカードには 
さりげなくて気の利いたひとことを
さっと書くのが理想なのだけど、
これがなかなかむずかしいのです。
昔からの友人は毎年ちょっとしたものと
さりげないひとことを贈ってくれます。
私もあんな風になれたらいいな。

新しいパッケージデザイン

リネンのハギレやリネンのテープ、ボタンなどの
ハンドメイドシリーズのパッケージが新しくなりました。
これはfogのキッチンクロスや洋服になった生地が
ハギレやテープになっておまかせでパックされているもの。
中身も少し新しくなっています。
ささやかなマイナーチェンジ、でちょっと新しい気分。

balleys展 その2

今日はmarkのトランクショー。
トランクショーとは自分の売りたいものを
トランクにつめて持っていき、お店を開くこと。
markのトランクには、ヴィンテージのおもちゃの車や
子供用の洋服、ミニチュアアイロンとアイロン台、
ティーカップにレースのドイリーなどなど。
まだまだたくさん詰まっています。
今度は何が飛び出すの?それは午後からのお楽しみ。

baiieys展

今日と明日の2日間、fogの2階で行われているballeys展。
markとsallyの提案するセンスあふれる商品が
たくさん揃っています。
お菓子は彼らのレシピをライターの奥田香里さんが
作ってくださいました。フォークの左隣が
フルーツケーキ、その上がショートブレッド、
そのまた右隣がバラブリスというウエールズの伝統的な
お菓子。どれも紅茶にあうものばかりです。
明日もまだご用意があります。
markのトランクショーの予定もあり。
ぜひいらしてくださいね。

空ちゃん

fogにはこーんなにかわいいお客さまも。
彼女が着ているワンピース、もとは
fogのテーブルクロス!!
それをワンピースに縫ったのですって!
fogのものをこんな風に素敵なアイディアで
着てくれるなんてすごく嬉しい。
カメラの前でにっこり笑ってくれました。
空ちゃん、ありがとう。

お弁当のプレゼント

今日10月6日はfogのスタッフの誕生日。
会社で1番の料理上手からの贈り物はなんと手作りのお弁当。
見てください。この美味しそうなこと。
メニューは黒豆の煮たの、さつまいものはちみつマスタードあえ、
レンコンのきんぴら、ほうれん草の胡麻和え、鶏の黒酢ソテーに
自家製の梅干。こんなお弁当をプレゼントしてもらえたら
私なら毎日誕生日でもいいと思っちゃうかも。
あ、もちろん毎日歳をとるのはいやなんですけど。

リネンボディウォッシュクロス

リネンの糸で手編みされたバスミトン
使ってみると思いがけず硬くて、その感触が
なんとも癖になる感じです。
そういえば、フランス人の友人は2日に1回
シャワーにさっと入るだけ。
私が毎日ゴシゴシするのが理解できないらしい。
今度彼女にもこのミトンをプレゼントすることにしよう。
1回使ったら絶対毎日入りたくなっちゃうんだから!

リネンウールの靴下

リネンウールの靴下が入荷してきました!
これはリネンとウールを混紡にした糸で編んでいるもの。
温かいのにさらっとしていて気持ちがいいのです。
これを履いたらほかは履けないの、というお客さまも。
冬限定のfogの人気商品です。

今年はブラウン、グレー、ネイビーの3色です。

sherry olsenさんのお皿 その2

こちらもシェリーさんの作品です。
なんと彼女は最近、バークレーにあるカリフォルニアキュイジーヌの
元祖「シェ・パニース」のクックブックの挿絵を
担当したのですって。すごいな。
手描きのお皿の柄は、何枚もあるものから1枚しかないものまで
いろいろ。ぜひお早めにご来店ください。

sherry olsen展は
10/31(月)~11/11(金)まで。
(土、日、祝はお休みです)
初日にシェリーさんがお店にみえる予定です。

sherry olsenさんのお皿

アメリカからsherry olsenさんのお皿が
届きました。シェリーさんはサンフランシスコ在住の
アーティスト。陶芸、絵画、オブジェの制作など
幅広くてがけています。
fogでは彼女のお皿の個展を計画していて
これはそのためのお皿たち。
どれも素敵で、この1枚!を決めるのには
たくさん時間がかかりそう。

handmade zakka&craft

ここ数年fogのカタログやホームページのデザインを
してくださっているtuesdayさんが、
ハンドメイドの本を出しました。
中にはとにかく飛び出しそうになるくらい
たくさんのアイディアが溢れていて、
しかもひとつひとつがとってもチャーミングなのです。
fogの関根も登場しています。
私も何か作ってみたい、読んだ人がみんなそんな気持ちになれる本。

アイアントリプルフック

いつかfogで買いたいもののひとつに
アイアントリプルフックがあります。
キッチンにつけて、エプロンやキッチンクロス
バックなどをホイホイとかけたら便利です。
それとも玄関につけて、コートや帽子、傘なんかをかけるのも
良いかもしれない。
いろいろ眺めているとほしいものばかりがふえて困ります。

サルボ恭子さん

料理家のサルボ恭子さん。
彼女の料理はなんというか、とてもまっすぐで迷いがない。
その思いがしっかりと食べ手に伝わる料理だと思います。
そして決して手を抜いたり、よそ見したりしないのだと思う。
よそ見や寄り道ばかりしている私は頭がさがるばかり。

メッシュポット

徳島の友人から送られてきたすだち。
サンマにかけたり、ビールに絞っていれたり、
いろいろに使っています。
酢だちはいつも冷蔵庫には入れずに
このメッシュポットに入れて。
パンパンにはった皮がほんの少し
しぼんでいくのを眺めるのも好きです。

リトアニアの袋 

何に使うの?と聞かれたら即答できない。
でもこのなんともいえないペラペラの袋に
なぜか強く惹かれてしまうのです。
例えば誰かに何かを渡す時、さりげなく
こんな袋に入れたら素敵じゃない?なんて
自分に言い訳をしてまたお買い物。

リトアニアから届いたばかりの紙袋。
20枚セットで限定販売中。

伊勢屋

fogから鎌倉通りを北に向かって歩くこと10分あまり。
伊勢屋の看板が見えてきます。ここは美味しいおいなりさんや
海苔巻き、おにぎりやお団子などを売っている小さなお店。
奥で作っているのだけど、ひとつひとつ
丁寧に作っていて、しかもお値段も良心的です。
私もよくお昼ごはんを買いに出かけます。
ずーっと変わらないでいてほしいなーと思う店。

ホグラマット

水草の一種で編まれたマット
バングラデッシュからはるばるやってきました。
ザックリとしてなんだかビスケットを連想させる
素朴なつくりがかわいい。
ただいまー!と元気に家に帰りたい。

塩川 いづみさん

イラストレーターの塩川いづみさん
彼女の描く絵のようにふんわりとやさしい人。
一緒にいるとのんびりとした世界に
癒されている自分に気づきます。
11月に364でイラスト展があるとのこと。
ぜひ遊びにいきたいな。

リネンニットコースター

なんだか毎日バタバタして、
いつもコーヒーを飲みながら用事をしたり、ワインを飲みながら
料理をしたりしているので、
なかなかコースターのあるところに飲み物のカップを
着地させることができません。
これはリトアニアでひとつひとつ手編みされているもの。
こんなかわいいコースターを使ってゆっくりお茶がのみたいな。
カップをちゃんとコースターに着地させながら。

ポンちゃん

ポンちゃんのお散歩コースにfogのshopが
はいるようになって早3ヶ月。お店の前に来ると、こっちこっちと
お父さんをひっぱって自らお店に入ってきてくれます。
1階のスタッフが「ポンちゃん来ましたー」と
電話をすると、3階のスッタフが「はーい」と降りてきて
ひとしきりコミニュケーションをとってから
お父さんと帰っていくのです。
ポンちゃん、また明日も来てね。