カタログ撮影

fogのカタログ#13の撮影がはじまりました。
毎回こんな風に撮影しているんです。
フォトグラファーの嶋本 麻利沙さんとスタイリストの
大橋 利枝子さんがたくさんある新商品のカットを
てきぱきと仕上げていきます。
お二人とも何だか職人さんみたいでかっこいいのです。
またまた素敵なカタログになりそう。
みなさませひご期待くださいね。

カッティングボード

アメリカ映画の料理のシーンをみていると、
たいていこんな細いカッティングボードの上で
肉や野菜をバンバンと大胆に切っているという
イメージがあります。
バーモント州で作られているこのカッティングボードはメイプルの木で作ったもの。
とっても丈夫なので、バンバンやっても大丈夫。
ぜひ試してみてください!

ガーゼキッチンクロス

まるでガーゼのような肌触り。
これはfogのlinenのなかでも
特に柔らかいもの。
洗うたびにだんだんといい感じにクタっとなってきます。
どちらかというとlinenの肌触りはパリっと、が好み
なんだけど、このクタっと、も捨てられません。
あなたの好みはパリっと?それともクタっと?

ラべンダーサシェ

fogのキッチンクロスやテーブルクロスの
ハギレで作られたサシェ
生地の組み合わせはいろいろです。
うちではシーツやピロケースの入っている
引き出しにいくつもいれています。
ラベンダーの香りに誘われて
あっという間に眠りにおちます。

ソイくん

ヨークシャテリアのソイくん。
fogのお客さま 米川 清美さんと
遊びにきてくれました。
このバスケットに入って吉祥寺から来たのですって!
写真撮るから入ってください!とお願いしたら
あっという間にこんな風に。
決まってます。

mattaのsilkのdress

N.Yのmattaから
silkのdressが届きました。
ウエストに細いリボンがついていて
すごくチャーミング。
mattaも少しずつshopに入るブランドなのです。
クリスマスのパーティにぜひ。

ミニウッドスコップとミニウッドボウル

メイプルの木で出来た小さなスコップとボウル。
お店の中ではどちらかというと地味な存在だけど、
よく見るとすごくかわいいのです。
キッチンにかさねて置いておくだけでも良い眺め。

小澤 典代さん

スタイリストの小澤 典代さん。
久しぶりにお会いしたのだけど、やっぱりとっても素敵な人。
小澤さんと話しているとたくさん笑うのです。
そしてすごく元気になれる。
温かい人柄に癒されて、さあ、明日もがんばろうと思えるのです。
きっとすごいパワーを持っているのだな。
ぜひ、また遊びに来てくださいね!

ちいさなモールグラス

料理家の渡辺有子さんが企画したモールグラス。
右のLサイズに加えてSとMサイズが登場しました。
とってもチャーミングな形でどれもほしくなってしまいます。
うちでは人が来てお酒を飲む時、デザートの時まで飲んでいる事が
ほとんど。つまり、グラスを洗うときはかなり酔っぱらっていて
いままでたくさんの足付きグラスとさよならしてきました。
でもこの形ならちょっと安心。シンクの中でたおさないように
して丁寧に洗います。
もちろん、飲み過ぎにも気をつけなくてはいけないんですけど。

chain accessoris

こちらもインド製のアクセサリー。
ひとつひとつ丁寧にハンマーで加工されていて
手作りならではの味わいがあります。
シルバーの方は3連のブレスレット、
ゴールドの方は1連のロングネックレス。
シンプルなワンピースやセーターに合わせたら
きっとステキです。
クリスマスにもぴったりですね。

wood birds

インドからやって来た鳥たち。
遠い国で作られて、はるばる日本の、東京の
私たちの店にやってくるなんて
とっても縁があるのだな。
そう思うとよけいに愛おしくなります。
ところで、この鳥たちはマンゴーの木で作られているのです。
おいしい果物を実らせて、さらにはこんなにかわいい置物の
材料になるなんて、マンゴーの木ってすごい。

みちのくあかね会

手紡ぎした毛糸でていねいに手編みされた
帽子と手織りのマフラー。
そっと触れると柔らかさと温かさが指につたわって
しあわせな気持になります。
みちのくあかね会のあたたかいものは、
どんな色や柄が入ってくるのか
毎年楽しみにしているもの。
今年の色もどれもきれいです。
数がすくないので、ぜひお早めにお越しください。

sherryさんのアートワーク

今回の展覧会の為の作品にはお皿だけでなく
素敵な絵もたくさん。
彼女の絵のモチーフと色はどれも柔らかく女性的なのに
強く印象に残る何かがあるような気がします。
描く素材は紙だったり木だったり。
似ている絵でも全く違った印象になって
見ていて楽しい気持になるのです。