洞爺の冬の白

明日、水曜日からfog ではまたまた魅力的なイベントが
スタートします!
今日は 11 組の出店者のみなさまが
それぞれの情報を送ってくださいましたので
ご紹介しますね。
きっと、間違いなく素敵なイベントになりそうです。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね!



雪の降る音
静かな湖
祈るように紡ぎ出された
それぞれの白
今年1月に北海道の洞爺湖畔でひらかれた白い扉が、
秋深い11月の東京・下北沢でふたたびひらきます。
冬の入り口へ、ぜひお出かけください。
「 洞爺の冬の白」 
日時
11 月 8 日 (水) 15:00 - 18:00
11 月 9 日 (木) 10:00 - 18:00
11 月 10 日 (金)10:00 - 16:00
3 日間とも時間が異なりますのでご注意ください。
場所
fog 2nd FLOOR 





























すべてを覆い尽くす白の下では、多くの小さな命が、密やかにその時を待っています。白いミツロウで、クロスや小枝、クルミのキャンドルをご用意致します。




























フランスアンティークのお洋服からパターンをとり、忠実に再現したお洋服。それから、野原を裸足で歩くお洋服、エプロン白といっても、気どらない、汚れても、美しい全ての季節に寄り添ってくれるリネンのお洋服をお持ちします。








いつものお洋服を少し特別にして、古いものや新しいものも交えて、白いリネンで誂えます。だけど着ることにこだわらず、花のように愛でたり本のように物語を感じてもらえたらと。


























冬の洞爺で過ごした時間と景色に想いを馳せて、小さな森を 作ります。シュッとした子からドッシリな子、たくさんの森を作ります。





























友栄堂からは白いプレートを中心としたキリッとした展開になります。全てフランスのアンティークです。























fleurs sauvages さんがアンティークのリネンを使ってお洋服を作った時の端切れを譲り受けて、糊引きをしたり貼り合わせたりして作る布の花。時間の経過とともに様々なトーンの白へと変化した旧いリネン。
細かい端切れもできるだけ花芯に使ったりして大切に作ります。





































水と空気が清らかな洞爺湖畔で育つ澄んだお野菜や新米を中心に、一汁三菜の食事をお出しします。(洞爺の白の食事会はご予約で満席となっております)

































三角のとんがり屋根や四角い屋根に雪が積もったおうちポーチ、エスキモーのおうちティーコゼ、クリスマスのオーナメントセットなど、冬の白をイメージしたニット作品が並びます。





































冬の白限定のレモングラノーラや、クッキーやブラウニーなど焼き菓子をお持ちいたします。11月9日の15:30からの喫茶では、北海道の林檎やタカラ牧場のフレッシュチーズを使ったメニューをお出しいたします(こちらはご予約なしでお入りいただけます)




































北のまちの雪景色を思い出しながら、柑橘の琥珀羹を作ります。




ラムヤート:パン
洞爺湖畔トーヤムラのスピリットのようなラムヤート。お店の周りに自生している山葡萄でたてた酵母を使い、石窯で焼いたパンが並びます。